Photo by Vjeko Begović

忘れがたいバカンスへ一歩ずつ

約2千キロに及ぶ海岸線と千を超える島の数々、アドリア海の海辺では、息をのむような美しい絶景と極上の夕焼けを自分のペースで楽しめるウオーターフロントプロムナードが待ち受けています。

Opatija

オパティヤ:温暖な気候、オーストリア・ハンガリー帝国中心地からの便利なアクセス、上質な医療施設にめぐまれ、オパティヤが卓越した健康ツーリズムリゾートになったのは、1880年代のこと。療養中のビジターが、澄んだ空気と病気療養に適した気候を楽しめるよう、この町の有名なルンゴマーレLungomareが建設されたのは1889年にさかのぼります。こんにち、この絵のように美しい海辺の遊歩道は、ヴォロスコVoloskoからロヴランLovranまで長さ12キロにも及び、地元の社交生活の中心となっているだけでなく、リラックスして健康的に海辺を散策できる心地よい公共の散歩道となっています。

Kostrena

コストレナ:クヴァルネルでもっとも有名なルンゴマーレからほど近く、リエカから短いドライブでたどり着けるところに、もう一つの風光明媚な遊歩道が待ち受けています。それはコストレナKostrena、先祖代々船乗りや船長たちを輩出してきた小さな町で、この地域の長年にわたる海事産業の伝統を大切に育んできた町です。その3キロにわたるプロムナードは海岸線に沿ってなだらかなカーブをえがき、近隣の町々から地元の人が足しげく訪れるコストレナのゴージャスなビーチの数々を見渡すことができます。散策を楽しんだ後は、海水浴もよいかも!

Kaštela

カシュテラ:同じくらい魅力にあふれ、歴史が染み込んでいるのは、カシュテラKaštelaの海辺の遊歩道、スプリットのすぐ北に位置しています。ここは、ワインのジンファンデル種の生まれ故郷で、人気のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影現場。海ぞいに点在するときめきの七つの村々を散策すれば、それぞれの村独自のお城や歴史、遺産を目のあたりにできます。散歩のあとには、極上のクロアチアワインで自分にごほうび!

Makarska & Crikvenica

マカルスカとツリクヴェニツァ:遊歩道として特別に設置されたわけではありませんが、海辺沿いには素晴らしい散歩道が数多くあります。マカルスカMakarskaリヴィエラは、いつでも華やかで活気にあふれている一方、ずっと北にあるツリクヴェニツァCrikvenicaリヴィエラでは、エンターテインメントやアクティビティが盛りだくさんです。

UNESCO

ユネスコ:でも、クロアチアの自然美と驚くべき歴史の魔法を心ゆくまで堪能するなら、伝説的な石造りの街々の遊歩道の散策に匹敵するものはそうありません。ユネスコ世界遺産巡りがすきなら、ウォーターフロント(クロアチア語で「リヴァriva」)に沿ってぶらぶら散策するだけで、ポレチュならエウフェミア教会、シベニクなら聖ヤコヴ大聖堂、またトゥロギールの旧市街やスプリットのディオクレティアヌス宮殿など、それぞれの街で珠玉の世界遺産にであい、街のあちこちで長い歴史が息づくのを感じることでしょう。

Dubrovnik

ドゥブロヴニク:それとも、もうひとつのユネスコ世界遺産、ドゥブロヴニクの旧市街で、二つのまったく異なる散策へ。ストラドゥンStradunは、ドゥブロヴニク旧市街のまんなかに堂々とのびる目抜き通り。でも、ドゥブロヴニクで一番有名な通りではなくなってしまったかもしれません。人気テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ファンなら、ほど近くの「恥辱の道」が一目見てわかることでしょう。歩行者のおとおり!

Zadar

ザダル:さらにもうひとつ見逃してならないのは、ダルマチアの古都ザダル*旧市街の遊歩道。ここは、世界一美しい夕日(アルフレッド・ヒッチコック談)とユニークなシーオルガンや都市オブジェ「太陽にあいさつ」の街で、遊歩道ぞいには、絵の中から抜け出てきたような石造りの建物が立ち並んでいます。

Islands

島々:もちろん島々にも、それぞれの場所ならではの秘宝があり、数えきれないほどの海辺の道は、アドリア海の自然と手つかずの美しさへと誘います。フヴァール島のイェルサJelsaからヴルボスカVrboskaへの道や、ウグリャンUgljan島のポリャナPoljanaからプレコPrekoへの道は、そんなのどかな散策の一例。もちろん華やかなウォーターフロント、リヴァの魅力もひけを取りません。きらびやかなフヴァール・タウンの夏のリヴァは、見たり見られたりを楽しむセレブ御用達のお気に入りナンバーワンですが、ヴィス・タウンのもう少し穏やかなリヴァでは、静かさだけでなく数々の魅力的なオプションを提供しています。

ビーチと海辺散策のどちらにするかは、あなた次第。クロアチアののどかなアドリア海の海辺や島々では、だれでも必ずお気に入りが見つかります。

 

*シベニクの聖二コラ要塞とザダルの城壁もまた、ユネスコ世界遺産リストに追加されました。