Photo by Ivo Pervan

夏のセーリングは人気絶頂…でも秋セーリングが見逃せない数々の理由

気温は温和で、暑くも寒くもありません。 呼吸するのもラクだし、熱波もなく、日焼け止めをぬるかどうか心配せずに外出できます。長い行列に並んで貴重な時間を無駄にすることもないので、自分自身とお気に入りのアクティビティのために、もっと有効に時間を費やせます。

秋には多くの美しさがひそんでいますが、そのうちの一つがセーリング。 そのとおり、セーリングです! 多くの人は、海と言えば夏のものと思い込んでいて、そのほかの季節、特に秋のことなどすっかり度外視しています。でも、クロアチアでの秋のセーリングは、正真正銘夢にみた世界、海を自分だけの独り占めにできるのです…

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Sailing 1.0.1

人ごみはどこにもなし

どこに行っても長い行列、国境での交通渋滞、空港の人ごみ、美しい入江でほかのボートのあいだに無理やりボートを押し込んだり…というストレスとは、すっかり無縁の秋。
空いている係留スポットを見つけるために、港に突進する必要はもうありません。夏休みを過ごしにやってくる「船長」たちのセーリングシーズンは、もうおしまい、港でもマリーナでも入江の係船浮標でも、フリースポットはよりどりみどり。しかも、多くの場所で係船料がチャージされなくなるため、ボートをタダで停泊できるようになります。

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Sailing 1.0.2

秋の気温に感謝

忙しい夏がおわり、チャーターボートの大混雑も一段落するので、大本命の選りすぐりのボートに乗って、マリーナからいざ出航。 気温はわずかに下がり、アドリア海に秘められた入江を巡る船旅を、より快適に過ごすことができます。 あなたがアドリア海と格闘しているあいだ、パートナーは日焼けを心配することなく、日差しのやわらいだ秋の太陽を、存分に楽しむこともできるのです。

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Sailing 1.0.3

セーリングファンの憧れ

秋のセーリングはメリットがもりだくさん。風はより安定して吹き、吹く量自体も多くなるだけでなく、大きな変動なしに安定した速度で吹きます。 また、夜間の湿気は、よりひんぱんに、より長い時間ボートを覆うようになり、塩水の水滴を洗い流してくれるため、掃除の心配も軽減、セーリングをたのしむ時間がより長く増えます。 広大な海にはあなたのボートだけ、頭上にはカモメが空を舞い、耳に聞こえる唯一の音は、モーター音ではなく、風と帆の力だけで果敢に挑戦する海のざわめきだけ。
まさにすべてのセーリングファンの憧れです!

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Sailing 1.0.4