地中海が誇る珠玉のバージンたちに、もう会いましたか?

くだものと野菜のどちらに分類するとしても、オリーブが魔法の食材だということを認めないわけにはいきません。オリーブは、やせた土壌に生育しますが、利用法のゆたかさにかけては、限りがないほどです。オリーブをしぼって得られるオイルは、料理に使われるのがもっとも一般的-それだけで冷たい前菜として、またはサラダにかけたり、ソースや、肉料理、魚料理に使ったりと、用途はとても豊富。地中海食文化が、ユネスコ世界無形遺産に登録されていることからも、この食材の重要性がうかがいしれます。オリーブオイルには、さまざまな効能があるのです。さあ、クロアチア沿岸に行き先を定め、オリーブとオリーブオイルの魔力を探求し、地中海のおくりもの、黄金の液体についてもっと知りましょう…

オリーブは、地中海エリアではずっと、聖なる木とされてきました-平和や知恵、強さ、さらに豊饒のシンボルとして。この地域の土壌が極めてやせていることを考えると、オリーブの果実は、まさにたからもの。歴史の一コマでは、オリーブがお金として使用された時期もあり、ギリシャ神話やエジプト神話にも、登場しています。

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.1
クオリティ面で、オリーブオイルはいくつかの等級、エクストラバージン、バージン、ピュアオリーブオイル、そして精製オリーブ・ポーマスオイルに分けられます。なかでも、もっとも価値が高いのは、エクストラヴァージンオリーブオイルで、それを味わうためだけに、よろこんで足をのばすほど!クロアチアでは、オリーブ狩りができるオリーブ畑も数か所ある一方、さまざまなオリーブ製品を販売しているオリーブ園もあります-まさに樹齢数百年のオリーブ樹の木陰で。秋はオリーブ園を訪れる絶好の季節、まだオリーブが熟しきらないうちに実として食べるオリーブを収穫する時期だからです。でも、オリーブオイル用のオリーブ狩りを体験したいのなら、11月と12月にアドリア海にお戻りください。クロアチア旅行のお土産に、この不老不死の秘薬のボトルを一つ二つ持ち帰るのを、どうぞお忘れなく。

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.2

イストゥラの女王

イストゥラ半島でのオリーブオイルの生産は、数千年前にはじまりました。ブリユニBrijuni、バルバリガBarbariga、ポレチュPorečは、古代の昔から、製油所やオリーブオイルの運搬に使用された容器アンフォラの製造工房があったことで古くから知られています。オリーブの固有品種としては、ブジャBuža、イストゥラ・ビェリツァIstrian Bjelica、オブリツァOblica、チュル二ツァČrnica、ロシニョラRošinjola、ブジャ・プントジャBuža Puntožaなどの品種がもっとも一般的に知られています。こんにち、イストゥラでは、完ぺきなテイスト、香り、色の三拍子そろった、世界でも有数のクオリティを誇るオリーブオイルが産出されています。このことは、世界中の最高級エクストラバージンオリーブオイルの、もっとも権威あるガイドブック、フロス・オレイFlos Oleiのお墨つき。さらに、フロス・オレイ・ガイドは、今年、イストゥラが、世界でも最高のオリーブ産地であると発表しました。肌や髪、もちろん味蕾と、どこのうえでも、イストゥラ産オリーブはロイヤルトリートメントをもたらします!

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.3

ダルマチアン・ビューティー

ダルマチア地方には、約450万本のオリーブの樹が生育していると推定されています。言い換えると、ダルマチアのオリーブの木の数は、クロアチア全体の人口よりも多い計算になります。ダルマチア地方最大の島ブラーチュには、このうち約50万本が植わっています。この地域のオリーブ栽培の成功の鍵は、ダルマチアの年間日照時間が平均2600時間もあることです。ダルマチアでもっとも広範囲に栽培されているオリーブの品種は、まちがいなくオブリツァOblica。このオイルは甘く、魚料理に最適です。クロアチア女性が、世界でも指折りの美しさを誇っていることは、よく知られていますが(おそらく幼い頃から使っているオリーブオイルの効能のおかげでしょう)、このダルマチアン・ビューティーのおいしさに、息をのむことは確実です!

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.4

ドゥブロヴニクとシパン島の箱入りむすめ

ドゥブロヴニクとその周辺のエリアも、オリーブオイルで有名ですが、その多くは由緒ある国際コンペで栄誉あるメダルを受賞しています。表面積では小さいですが、シパンŠipan島は、オリーブにかけては、数多くの興味深い事実があきらかになっています。たとえば、シパン島の若い女性は、結婚準備の一環として、オリーブの木を数本を植えるという昔からのならわしがありました。また、シパン島は、人口一人あたりのオリーブの本数が最多な島として、ギネスブックにも記録されています。この真のグルメの箱入りむすめは、ほんの数滴試してみるだけで、あなたの極上テイストの最高新記録を更新することでしょう!

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.5

クロアチアでの休暇中、パグ島ルンLunのオリーブ・ガーデンと、四百ヘクタールの土地に広がる八万本のオリーブの樹々を、ぜひ訪れてください。この中には、イエス・キリストの時代からここにいる「老婦人」の姿もあります。樹齢二千年のオリーブの樹のことです!信じられないなら、パグ島に実際に行って、自分自身の目で確かめてください。木の直径を測定し、それを2で割って半径を求め、その結果をミリメートルに変換します。1ミリメートルは樹齢一年に換算されます。

HTZ 2016 Croatia Feeds fotke za clanak Masline 1.0.6

それでおしまい、計算は簡単だったでしょう?